製品紹介

複合酸化物顔料とは(CICP)

  複合酸化物顔料とは複数の金属酸化物の固溶体からなる無機顔料です。Complex Inorganic Color Pigmentの頭文字をとってCICPと呼ばれています。また、セラミックス顔料、焼成顔料などの呼称も一般的です。 代表的な結晶構造としてルチル構造、スピネル構造があります。それらの結晶構造を持つ物質は自然界で宝石や鉱物として産出します。CICPは高純度な原材料を使用し、高温条件下で人工的に合成した単一の化合物です。
・Rutile Ti(XY)O2 ・Spinel XY2O4

高温焼成

  複数の金属酸化物を配合し、800〜1400℃の高温焼成で合成されます。非常に強固な結晶構造を作り、優れた化学的特性を兼ね備えた着色剤となります。

耐熱・耐候・耐薬品性が極めて良好です

  熱、光、化学薬品など、外部からの刺激に対して変質を起こさずに色材として長期間安定な性能を発揮します。これらの性能は、耐候性塗料、耐熱性塗料、耐水性塗料他、過酷な条件で使用されるコーティングの着色剤として最適です。

あらゆるコーティングの設計に…

  Yellow,Blue,Black,Green,Brownなど幅広い色相があります。また、隠蔽性に優れ、分散性の良好な微粒子であるため、カラーマッチングの際の取扱いが易しく、あらゆる着色用途にご使用いただけます。アサヒ化成工業(株)では、お客様のご要望に応じて最適な顔料をご提供いたします。

安全性

  ほとんどのCICPはあらゆる溶媒に難溶であり、溶解・溶出からの生体への吸収がなされず、毒物・生理学的には人体に対して安全性の高い物質であると考えられます。現在のところ、CICPとして人体に有害であるとの報告は出されていません。
CICPの一部はポリオレフィン衛生協議会等にも登録もされており、食品包装用途など幅広い用途で用いられています。