製品紹介

製造工程

・「チタンイエロー」を例に製造工程をご紹介します。

原料
厳しい受入れ規格に合格した原料が顔料製造に使用されます。




混合
酸化チタン、酸化クロム、三酸化アンチモンの各原料が決められた比率に基づき電子計量器で正確に計量され、均一に混合されます。







焼成
混合された原料はこう鉢に盛られ、高温で焼成されます。焼成温度は製品毎に異なり、低いものでは800℃、高いものでは1400℃で焼成されます。




このとき混合原料は化学反応を起こし単一の複合酸化物を生成すると同時に発色します。
粉砕
焼成後、乾式や湿式等の最適な粉砕機で各ユーザーから要求される粒度に整粒されます。




調色
例えば「A」、「B」といった2種以上の半製品が使用され製品毎に設定された標準品(Standard)の色相へ調色されます。

色相の評価方法は塗料分散、樹脂成形、ガラス焼付けなど顔料を様々なバインダーへ分散させた試験片 原色、希釈色、隠蔽性など様々な角度から色を評価します。

アサヒ化成工業では徹底した品質管理と調色技術により極めて安定した品質の顔料をお客様に提供しています。
検査
品質保証のための様々な検査が行われます。
製品
検査に合格した製品は指定された梱包形態に梱包され、お客様のもとへ出荷されていきます。